脂肪注入による豊胸を体験して





胸の小ささにコンプレックス

数ヶ月前に、私は脂肪注入による豊胸施術を行いました。施術を受けた理由は、ずっと自分の胸の小ささにコンプレックスを抱いていたからです。中学生くらいから女性は胸が大きくなり始めますが、私は全く胸が膨らんでくることが有りませんでした。まな板のような胸で、すごく恥ずかしいと感じていたのです。おかげで、周りの人に胸がないのを悟られないように、常に前かがみになることが癖になってしまいました。また、選ぶ洋服も、男性のようなスポーティーなものしか身につけなくなってしまいました。もちろん夏になると水着を着ることもできず、悶々とした日々を過ごしていました。周りの胸が豊かな友人がねたましく、羨ましくて仕方が有りませんでした。このような思いをするのならば、思い切って豊胸手術で胸を大きくすれば良いのではと考えはじめました。それで、社会人としてある程度、自由にお金を使えるようになった時に、施術を決意しました。

評判バストアップ
タウン形成クリニック

施術を受けることに決めました

ネットで調べてみると、私のすんでいる地域には豊胸 施術ができるクリニックが何件かありました。その中でも、特にクチコミの評判が良く、安心できそうな所で施術を受けることにしました。まず、カウンセリングで施術の方法、施術にかかる費用などの相談を行いました。担当してくれた先生は、冷静な感じでしたが、物腰が柔らかくて好感をもてました。私がどんどん質問しても、嫌がらずに丁寧に説明してくれました。 豊胸施術にも色々な種類が有ると説明を受けました。一つ一つの施術方法の手順、メリット、デメリットなどを聞いて、私は脂肪注入法の施術を受けることに決めました。 脂肪注入法に決めたのは、気になる部分から脂肪吸引して胸を大きくするので痩身効果が得られるからです。自分の体型にコンプレックスを抱いていたので、それが解消されるのは嬉しいです。また、自身の脂肪を胸に入れるので、アレルギーや拒絶反応もないということも決め手になりました。自身の脂肪なので触り心地も柔らかくなると聞いて、お願いしました。

つづく⇒施術をして1ヶ月ほど経過

TOP